スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Home of Franklin D. Roosevelt

2011/11/06
本日は車を借り、アップステートに紅葉見学に向かいます。
悩んだ結果、マンハッタンから2時間ほどで到着するHyde Parkという街を訪れることに。

ピークを過ぎているのか、先週の雪の影響なのか、色づきが少々悪い気がしました。
20111106_01.jpg
先ず向かった先は「Home of Franklin D. Roosevelt
第32代アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトが生まれ育った、そして病気の療養場所です。
20111106_02.jpg
先ずはVisitor Centerへ。
20111106_03.jpg
生家そして博物館を見学するには、$14.00支払いツアーに参加しなければなりません。
Visitor Center内で申し込むことが出来ます(事前にネット予約も可)。
ツアー開始までルーズベルトに関する映画を見て待ちました。

11:30AM、ツアー開始です。
20111106_04.jpg
自然豊かな場所。
20111106_05.jpg

20111106_06.jpg
そして生家の中へ。(写真撮影不可)
内部は質素だとガイドさんは説明されていましたが、そうでもないような?
バードウォッチングが好きだったそうで、鳥の剥製が沢山飾られていたのが印象的でした。
20111106_07.jpg
裏庭も広くて気持ちいい。奥にはハドソン川が流れています。
20111106_08.jpg
生家近くにあるRose Gardenには彼と奥様のお墓があります。
お墓のサイズですが、彼の机のサイズと同じに作られているそう。
20111106_09.jpg
続いて博物館へ。
20111106_10.jpg
私物が展示されています。こちらは愛車のフォード。
20111106_11.jpg
「Private Study」と名付けられた部屋。
20111106_13.jpg
手前に車椅子が映っているのがお分かりになりますか?
当時流行していたポリオという病気にかかり、その後遺症で下半身麻痺になり日常的に車いすを使っていたそう。
生前車椅子姿をマスコミに見られるのを非常に嫌がり、マスコミも報道しなかったので、ほとんどの国民には知られなかったそうです。
徹底的に隠していたので、生家にも色々な工夫が施されていました。
office desk
20111106_12.jpg
お馴染みのソーシャルセキュリティナンバー。
こちらはニューディール政策の社会保障プログラムの一環で最初に発行されたもの。
全く知りませんでした。
20111106_14.jpg

ルーズベルトは当時国民から非常に信頼されており、歴代の大統領の中でただ一人4期務め、現在は歴代アメリカ大統領人気ベスト5に入るとか。

Home of Franklin D. Roosevelt
4097 Albany Post Road,
Hyde Park, NY 12538

2011.11.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NY観光

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ClustrMap

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。