スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Hagley Museum

2010/11/26
最初の目的地、Hagley Museumに向かいます。

Wilmingtonは化学会社「Du Pont(デュポン)」(世界第3位・アメリカで第2位の規模)の発祥地として知られています。
この博物館はDu Pont一家の生活、どうやってDu Pontが会社を始めたか?等々展示しています。
Du Pont一家に関連する名所はHagley Museum他、Hotel DuPont(Wilmingtonのランドマークらしい)・DuPont PlayhouseNemours Gardens and Museum(アルフレッド・デュポンの豪邸)・Winterthur Estate and Gardens(サミュエル・デュポンの豪邸)・Longwood Gardens(ピエール・デュポンが設計した庭園)があります。

Wilmingtonのダウンタウンから車で15分ほどで到着。
20101126Hagley01.jpg
自然豊かな場所に博物館は有ります。
20101126Hagley02.jpg
博物館と言っても、敷地内に幾つか建物があり、バスでそれぞれの建物を周ります。
予想外の大きさでビックリ
まずは邸宅へ。バスを降りるとガイドさんが待機しており、我々に案内してくれます。

残念ながらお庭は枯れた状態ですが、春に来たら綺麗でしょう。
しかし庭が広い・・・個人の庭のレベルを超えてます。
20101126Hagley03.jpg
こちらが家。ちょうど今日から内部がクリスマス仕様
残念ながら内部は写真撮影禁止でしたが、とても綺麗で感動!!
20101126Hagley04.jpg
こちらが創業地。初めてのオフィス。
20101126Hagley05.jpg
一時、車事業も手掛けていたそうで、Du Pont製の車も展示されていました。
20101126Hagley06.jpg
邸宅を見学後、バスで次の見学場所Steam Engine Houseへ。
右のおじ様が実際に動かして見せてくれます。(滞在時間10分弱)
20101126Hagley07.jpg
その後はMachine Shopへ。
昔実際に使っていた機械を動かし、どのように使っていたかを説明してくれます。(30分くらい)
20101126Hagley08.jpg
見学後、巨大な粉ひき機を見学。
デュポンは創業当時、火薬工場としてスタートしました。火薬の元となる材料を巨大な粉ひき機を使い、細かくしていたそう。(誤って事故で亡くなった人がかなりいたらしい・・・)
20101126Hagley12.jpg
最後は火薬がどのくらいの強さなのか?を実際に見せてくれます。
20101126Hagley09.jpg

歩いてSunday Schoolに向かいます。
20101126Hagley10.jpg
当時働いていた人たちは、月~土曜朝から晩まで働きっぱなしだった為、充分な教育を受ける事が出来なかったそう。彼らの為に日曜日、この場所で読み書き教室を行っていたそうです。
20101126Hagley11.jpg
その後入口に戻り、Visitor Center内にある展示を見て終了。
かなりこちらの博物館で楽しむ事が出来ました

入場料:大人$11

Hagley Museum
200 Hagley Rd,
Wilmington, DE, 19807.

2010.11.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 10年11月DE&MD

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ClustrMap

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。